プロフェッショナル

KAGAYAとは誰で何者なの?wiki風プロフィールと経歴!

Pocket

2020/7/2の夜中2時に東京に火球が落ち、大きな音がしたことが話題になっています。

そして、その火球が落ちる瞬間をKAGAYAという方が綺麗に動画におさめていたことで「KAGAYAって誰?何者?」という声が相次いでました。

今回はKAGAYAのプロフィールや経歴と何故か出ている自作自演説についてまとめました!

 

KAGAYAのwiki風プロフィールと経歴

名前  : KAGAYA

本名  : 賀谷穣(かがや ゆたか)

生年月日: 1968年4月5日

職業  : イラストレーター・映像作家

出身  : 埼玉県

KAGAYAは幼少期から星座やギリシャ神話が好きだったようで、高校時には将来は天文学者かイラストレーターになると決めイラストレーターの道へ進みました。

学歴は

  • 埼玉県立浦和高等学校卒業
  • 東京デザイナー学院グラフィックデザイン科(現東京ネットウエイブ)卒業

イラストレーターとしては、

星座や風景・ギリシャ神話関連のイラストを描いていました。

高校卒業後にはイラストレーション解説本「四季の星座百科」を発表するなど凄まじい勢いでした。

イラスト提供だけでなくプラネタリウムのアニメーション制作も行っていて、プラネタリウムファンからは大変有名な方なのです。

代表作は「銀河鉄道の夜」です。

2003年にはKAGAYAの功績をたたえ、小惑星11949に「Kagayayutaka」と名前が付けられました。

星に自分の名前が命名されるなんてすごすぎますね!

それくらいKAGAYAはすごいかたということですね!

また、2011年には水樹奈々の東京ドームコンサートでドームの天井にプラネタリウムを投影したこともあり水樹奈々ファンのなかでも有名になりました。

KAGAYAとは誰で何者なの?

KAGAYAはイラストレーター・映像作家でプラネタリウムや写真集・書籍などを出版しています。

KAGAYAのTwitterでは星空や月など主に夜空を撮影した写真や動画が投稿されておりとってもきれいな夜空画像がたくさんあります。フォロワー数も78万人とすごい数です!!

小学生の教科書に写真が使用されるなんてすごいですね!

Twitterを見てみると毎日のように写真を撮影されているようで、KAGAYAの星空に対する愛が伝わってきますね!!

小さいころから星座などが大好きで大人になった今は星空関連の仕事に就いて、しかもたくさんの功績を持っているという、、、一言で言うとKAGAYAは星空のプロフェッショナルですね!!

 

火球動画はKAGAYAの自作自演説が出ているのは本当?

東京に火球が落ち、その映像を見てみるとまるで君の名はみたいだと話題ですがその映像があまりにもきれいに火球をおさめていたのでネットでは「KAGAYAの自作自演では?」という声が相次いでいます。

見てもらえばわかる通りもちろん自作自演ではありません。 

自作自演で隕石落とすなんてありえないですよね。

では、なぜ自作自演説が出ているのかと言うとKAGAYAの火球映像が完璧すぎるからです。

火球が中途半端に切れることなくきれいにすべて真ん中におさまっていますよね。

たまたまとはいえすごいですよね!!

毎日のように夜空を撮影しているKAGAYAだからこそ撮れた映像ですし、これだけきれいにおさまっているのはもうKAGAYAの才能と言うか引き寄せと言うか運がよいとしか言えませんね!!

KAGAYAは流星群などのがない普通の日でも星空を撮影しているということにも驚きましたね、、、

これこそプロフェッショナルだなと思いました。

KAGAYAの書籍や写真集!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天空への願い [ KAGAYA ]
価格:2145円(税込、送料無料) (2020/7/2時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

星と空の日めくり 願いと夢をもう一度、心が思い出すための [ KAGAYA ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/7/2時点)

楽天で購入

 

 

KAGAYAの写真集は本当に美しい写真ばかりですのでぜひ見てみてくださいね!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

-プロフェッショナル

Copyright© メメブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.