事件

八王子15歳少年の拳銃入手ルートはどこ?なんで持ってるのの声多数

Pocket

2020年6月8日の午前に東京・八王子で15歳の少年が拳銃自殺をする事件が起こりました。

 

8日午前、東京都八王子市元八王子町で、少年(15)が拳銃のようなものを使って自殺を図った。  捜査関係者によると、当時、少年は母親と姉の3人で家にいたとみられる。  現場はJR高尾駅から北に約2キロの住宅街で、近くには小学校や中学校などがある。

引用元:ヤフーニュース

八王子15歳少年の拳銃入手ルートはどこ?なんで持ってるのの声多数

この衝撃的なニュースに世間からは「15歳の少年がなぜ拳銃を持っているのか」「拳銃の入手経路はどこ?」という声が多数見受けられました。

というのも、日本には銃刀法(鉄砲刀剣類所持等取締法)があります。

銃刀法では無断で拳銃や刀剣などの所持を禁止する法律です。

一般人がそれらを所持する場合は、公安委員会の許可を受けなければいけません。

なので、15歳の少年が許可を取って拳銃を所持していたとはとても考えられませんので、入手経路は一体どこなのかなぜ拳銃を所持していたのかという疑問の声が世間にあふれています。

 

八王子15歳少年の自殺理由は何?

拳銃の入手ルートもですが、なぜ15歳の高校生が自殺してしまったのか理由が気になるという声も多かったです。

どんな理由で自殺をしてしまったのかは、まだ明らかにされていませんがどんな理由であれ15歳という若さで自殺にまで追い込まれるほど辛いことや苦しんでいたことは間違いないでしょう。

まだまだこれからいろんな道があっただろうに、、、、とても悲しく残念に思います。

-事件

Copyright© メメブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.