事件

仙台の未確認物体の正体は何?スペースバルーンとドローンか?

Pocket

 

2020/6/17の午前4時ごろから仙台上空に未確認物体を確認!

2020/6/17の午前4時ごろから仙台上空に未確認物体が確認され話題になっています。

仙台市南西部の上空で17日朝、風船のような丸い物が浮かんでいるとの目撃例が、相次いで河北新報社に寄せられた。仙台管区気象台は「全くもって不明。宮城県、仙台市、自衛隊に聞いても分からない」と困惑した様子で話す。  物体は白く、十字状の物をぶら下げている。目撃者によると、少なくとも午前4時ごろから同じ位置に浮いたままだという。

引用元:ヤフーニュース

目撃された未確認物体はこちら。

これは風船みたいなものに飛行機のようなものが付いているように見えますね、、、

最初、未確認物体と聞いたときはてっきりUFO系かと思いましたがUFOではなさそうです。

 

仙台の未確認物体の正体は何?風船の中身は危険物が入っている?

この仙台の未確認物体の正体は何なのでしょうか?

現時点では自衛隊もわからないという事で、正体は明らかになっていません。

なので、世間の未確認物体の正体の予想を見てみましょう。

こういうのは全く持って不明で片付けてはいけないと思います。これが本当に偵察機であれば、国家安全に関わることですよ、大げさかもしれませんが。

これは明らかにバルーン。しかし、何処から飛ばしたのかは不明で、バルーンの中に何が入っているのかも分からない。兵器級の物質が入っていたら、かなり危険。あり得ないと思われるが、可能性はない訳ではない

今回がそうでなくてもバイオテロを睨んだ浮遊経路の実験かもしれない、今の某国は何をするか分からない色々な可能性を検証して欲しいです。

こういう物を飛ばして、どれだけ国や自治体、住民に警戒されるかというテストの可能性もある。ただ不明な物が宙に浮いている、で片付けるのはダメだと自分も思う。

浮力のみ気球のガスを利用したドローンでは?方向転換は風が弱ければ少量のバッテリーまたは太陽光発電で動かす省エネ設計か。ぶら下げている十字の先に4つのプロペラがついていてゆっくり回しているかも。携帯電話の空中アンテナ基地の実験の可能性も。

単純にどっかの大学がコロナウイルスや大気中の何かの観測してるだけな気がする。自衛隊はわからなくとも大学とかに聞いていけばどっかしらには使用した人にあたりそう

スペースバルーンだと思う。個人でも国交省に許可取れば飛ばせるので。

なるほど~いろんな意見がありましたね!

まとめると、

  • 偵察機
  • バルーンの中に兵器級の物質があるかも
  • バイオテロを睨んだ浮遊経路の実験
  • 住民に警戒されるかというテスト
  • 浮力のみ気球のガスを利用したドローン
  • 大学がコロナウイルスや大気中の何かの観測してる
  • スペースバルーン

などなどです。

この中で、私が1番可能性が高いなと思ったのはスペースバルーンドローンです!

仙台の未確認物質の正体はスペースバルーンとドローンか?

仙台の未確認物体の正体はスペースバルーンとドローンではないかと思われます。

スペースバルーンとは?

スペースバルーンとは、空気より軽いヘリウム等のガスを風船内に注入し、その浮力で宇宙(正確には成層圏近辺)を目指すというものです。成功すれば、風船は高度3万前後という信じられない高度まで浮力のみで上昇し、そこで破裂します。当然ですが、成層圏には空気はほとんどないし、氷点下50度とかの世界ですから、人間が生身で到達できる領域ではありません(飛行機ですら、高度1万m程度です)。

引用元:シャフト株式会社

スペースバルーンにカメラを付けて上空を撮影し、その後スペースバルーンが割れて地上で回収できるという仕組みのようです。

引用元:シャフト株式会社

 

なので、今回仙台で確認された未確認物体の正体はスペースバルーンにドローンを付けたもので、上空から撮影していたのではないかと思います。

 

仙台の未確認物体の正体は浮力不足のスペースバルーンとドローンではないかの声

どうやら問題の未確認物体のスペースバルーンですが、本来ならば宇宙にまで届くのですが浮力不足で宇宙まで届かず仙台上空を浮遊しているのではないかと予想されています。

 

宮古スペースバルーンコンテスト中止がきっかけか?

宮古島で開催される予定だったスペースバルーンコンテストが6/15に中止になったそうです。

宮古スペースバルーンコンテストとは?

コンテストでは、大会ルールに基づき、宇宙に打ち上げたい被写体の選定、ペイロードへの被写体やカメラの取り付けなどの機体作成、バルーンの設置と放球、バルーンの追跡を主な作業とします。
さらに参加にあたっては、主な作業に関わる技術事項を学んでいただく他、宇宙環境や安全運営、法の順守といった打ち上げに必要な知識について勉強していただきます。
そして、打上げに関わる総合作業と撮影された映像を競い、評価します。

引用元:スペースバルーン

なので、宮古スペースバルーンコンテストのために準備していた人が中止を聞いてスペースバルーン飛ばしたという可能性がありそうですね。

スペースバルーンの認知度が低いために今回のように未確認物体という騒ぎになってしまったようですね。

飛ばした方は焦っていることでしょう、、、

-事件

Copyright© メメブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.